油を避けるのはだめ!!油にもダイエットに効果があるんです。(実践すれば超簡単に痩せれます。)

油=太る、と思いがちだと思いますが、油の種類によっては、美肌効果があったり、、体の酸化防止剤的な役割があったりと健康に良いとってもハッピーな効果がたくさんあるんです。今日は美と健康を保つための質の良い油を紹介したいと思います。

油の分類は大まかに2種類あります。

・飽和脂肪酸
室温では固体で存在し、酸化が遅い、この飽和脂肪酸をとりすぎてしまうと、有害のコレステロールが増え、動脈硬化や心臓病の原因となる恐れもありますが、少量ならとっても問題ありません。

この物質が含まれる食品は、肉、乳製品、ココナッツオイルなどです。

・不飽和脂肪酸
室温では液体で存在し、酸化が早いものと、酸化が遅いものに分かれます。

不飽和脂肪酸が含まれる食品
亜麻仁油、ごま油、アーモンド油、コーンオイル、ベニバナオイルなど

不飽和脂肪酸はとりすぎてもダメですが、細胞の機能を活性化させたり、抗炎症の耐性が付きます。とりすぎると炎症や血栓ができやすくなるのでとりすぎには注意!!

・質の良い油を有効に使おう。
今日のこの記事を読んで油に悪いイメージがついていた人も、多少油に対して寛容寛容になったと思います。これからは不飽和脂肪酸を有効に活用して健康な油ライフを送ってください。